物件のマイナス要素は隠さずに

物件のマイナス要素は隠さずに

マンション売却する場合など、物件を売る、貸す場合に大切なことがあります。
それは、その物件のマイナス要素を隠さずに告知するということです。
マンションを売りたいという気持ちから、マイナス要素はどうしても隠してしまいがちですが、隠しておくと後々トラブルの原因にもなりかねません。
知っていたら買わなかったなどというようなことは、不動産屋がきちんと説明しなければならない。
これを怠たりトラブルになった場合、契約解除どころか損害賠償の請求をされるなんてこともあります。
特に自殺や殺人などの事件などのあった物件は、隠したまま売れたとしても、後でご近所から耳に入ったりすることもあり、大問題になりかねませんので注意が必要です。