成否を握るコミュニケーション

成否を握るコミュニケーション

マンション売却の決断には、2通りの理由があると思います。
1つは、売却する時期だと考えて手放すケース。
そしてもう1つは、手放したくないが手放さざるを得なくて手放すケース。
しかし購入者からしてみると、売主の気持ちは関係ありません。
もし売主の「手放したくない」という感情が表面に出てしまっていたら、購入者も妙な気持ちを持ってしまうのではないでしょうか。
そういうことを考えた時、マンション売却の成否は売主の「人柄=コミュニケーション」が重要になってきます。
例えば購入希望者からマンション見学希望が合った場合、売主が笑顔で対応するか否かでマンション売却の明暗を分けると思います。
覚えておいてください…きちんとコミュニケーションを取り続ければ、納得できるマンション売却ができることを…。